依頼されていた作品を今日無事お渡しすることができました。

山陽小野田市の瀬戸さん宅、まだ木の香りが爽やかな新築の玄関に納めました。

奥様は高校まで教室で書道を勉強していた弟子です。

「山あれば山を観る    雨の日は雨を聴く    春夏秋冬    あしたもよろし    ゆふべもよろし」    種田山頭火の言葉

意味は良い日も悪い日も自然体で受け入れる、ありのままに。ということでしょうか。

若いお二人の幸せな未来を祈って筆をとりました。

こういうお仕事のご依頼は私にとりとても充実してやり甲斐があり嬉しいです。お気軽にご相談下さい。