私の記憶が正しければ、、、清水比庵先生の本に筆を持つ時は「愛人とダンスを踊るが如く」と書いてあった、要するに柔らかくという事だ。小筆で宛名書きをしても青すじがたつ私はまだまだひよこか🐥

今日の古典研究会の受講生の皆さんは講師の先生方に見られながらの書作でさぞや肩が凝ったでしょうね。これからも「愛人とダンス💃」を頭に頑張りましょう。