なんと暑い、熱いと言った方が似合うような日々だ。

この夏は乗り切るのが大変そうだ今日も昨日に続き山頭火の言葉を綴った本を開いている。言葉や俳句は結構重いものが多いはずなのに楽しい絵にちょっとほんわかな気分になる。

「魂を磨かないで、どうして句が光ろう」とある。なるほど句魂か、書もおんなじかなあ