昨日の錬成会は午前中に走りすぎたせいか、午後はバテバテ

不本意な出来だったので、今日また筆を持ってみた。午前だけだったがこの頃の自分を見直す時間だった。「書とは」何か、自分にとっては生きる全て作品として書をひとことで言うなら古典に裏付けされた確かな線かな⁉️