火曜日東岐波教室で子供の指導をしています。

毎週学校が終わった子供たちが元気に通ってきて、キラキラと輝く瞳で手本と向き合っています。ころころっと大笑いする子に癒されます。思うように書けず大粒の涙をポロポロこぼす子には、色んな感情と葛藤しながら心の中で戦っているんだろうなあ〜といじらしく思います。そんな時はそっとその子の背中に手を当ててカンバって❗️と心の中でつぶやきます。

また、長く関わっっているといつの間にか大きくなって「先生より高くなったよ〜」と得意げな子供には寂しさと頼もしさとを感じたりします。

きっとみんな基礎が身について大人も顔負けの素晴らしい字を書くことができるようになるよね。

日本の伝統、文化を多くの子供たちが知って続けてほしい思っていますよ。中学、高校では更に奥深い書の世界が待っているからいっしょに頑張ろうね。                              池田 悠華