書道の風景

教室は今

連続で錬成会!! 12月は8日、16日、そして23日とこれでもか!という程の連日錬成。 展覧会や検定試験があるためとはいえ、私も生身、少々お疲れです。 ただ、錬成会といっても年末の一日のんびりしたものです。16日はお昼休み に陶芸のベテラン、社中の松村・宮本さんが先生となりまして、来年の干支の 蛇作りに挑戦。みんな粘土をこねるのに夢中となったひとときでした。 初めは説明を聞く? いいえ、聞いてなんかいませんね。 どんどん自己流でこねる。 この細い棒状のものを作るのが 意外と難しかったです。 出来上がった棒をぐにゃぐにゃ とすればなんとなく蛇? できた、できた蛇の置物 いえ、筆置きのつもりです そっとケースで乾燥させるそうです 一緒に先生のところの窯で焼いて もらうことになりました さて、何匹無事に出てくることか? 今年最後はお楽しみ会 17日~20日は子供たちに印を彫ってもらうことにしました。 原稿は前週、辞書などを調べてどんな文字にするかすでに できているので、当日は彫だけです。 もちろん子供が彫るので本物の印刀は使わず、簡単にシャープペンシル の先の金具のところでゴリゴリと彫るだけ。でも篆刻用とはいえ石なので 彫る作業はたいへん! 教室はいつになくシ~ン... 静寂のなかゴリゴリと石を彫る音だけが 響いていい感じです。 みんないつもこんな風にしーずかにお稽古したら上手になると思うんだけどな! こちらの準備が結構手間がかかり5、6年していなかったけれど、こんなに 良い顔がみられるんだったら、またやりたいな!って思いましたよ。 初めて書道の辞書をひいて... こう見えていつもはやんちゃです。 今日は一言もしゃべりません 正座は... そこまでは注意もいかず とにかく黙々と その一部をご紹介 大きさは1.8㎝角 中学生は1.5㎝角です みんな自分の名前の一文字を 画数の少ないものはいいけど 多いのは大変そうでしょ さすが辞書を見ただけの 成果がありますね 真ん中は亜、右は希という文字

小燕会・新年会

1月 18日(金) しばらく、開催していなかった小燕会の新年の食事会を催した。 小松原幼稚園の母親の会からスタートした会だが、この頃はご近所さんも お仲間に... 女性ばかりの中に黒一点!(前列左から2人目) みんなで楽しんでやっています。比較的若い仲間なので私もここへ来ると なんだか若返った気分になる。 若いエキスを毎週吸収しておりますよ

卒業の記念に!

3月 20日(木) 毎年この時季は小学6年生を送り出す。もっとも中学になってからも続けて 頑張ってくれる子供もいるが、とりあえずひと区切だ。辞めたい時もあったと思うが みんなよく頑張ったよ! 教室では色紙に思い思いの文字を書いて記念としてもらっています。 書きあがった色紙には印を押します。これは自分で彫ったものです。 可愛いトロフィーも記念にちょこっと誇らしげ! みんな良い顔してますよね、先生としては中学でも頑張ってほしいところだけど、現代の 子供はみんな結構忙しい...何人残ってくれるかな?

年賀状教室

説明も真剣に聴く 私も楽しく! 17名の参加で和気あいあい 消しゴム印は勿論「羊」 一枚は絵馬に貼って正月飾りに します! 手本があったにも関わらず皆違い個性的でよかったぁ... 11月 3日(月) 今日は文化の日、休日ですが休んではいません。 教室の皆さんへ希望を募り久しぶりに年賀状教室をしました。 10年以上も前になりますが、市民対象の年賀状教室を5年間行いました。 玄游会の先生方の助けを借りて100名近く集めての楽しい年末の催しでしたが、 多忙になるにつれてできなくなって... 教室の生徒さん達なので、文字はそれぞれ書けるとして彩色、消しゴム印などの方法を 楽しく学びました。大人でも夢中になるとシーンと水を打ったようになる時間もあって 私は良かった!と大満足!

社中錬成会

〆切間近の毎日書道展の作品 に取り組む結花さん 仮名は佳真さん 漢字の創作は美凪さん 4月 13日(月) 先週の土曜日・11日は社中錬成会。 毎月教室のみんなに勉強の場所を提供、思い思いに筆を走らせています。 やはり上手くなるためには一にも二にも書くこと...もちろんセンスも必要ですが、 それは後からついてきます。心も磨き腕も磨き、とにかく書く... 今はほとんどが、女性、高校生から60代まで! 男子も募集はしていますよ...