この年齢になると(1952年生まれ😅)惑うことなど無いように思われそうだが惑いますよ、これからをどう生きるかと。

同年代の友人がリタイアしたりこれまでの生き方の軌道修正をしたりする人を間近にすると、自分はどうなんだ❓と大いに悩むのです。

「自分がどう生きるか生きたいのか  強い意志で進もう」

いつも頂く知人手作りの干支土鈴の鳥と今日使った墨運堂の翠原という墨を一緒に写しました。