今年は喪中で年賀状は書いていないが、少しは届く年賀状。

昨今は手書きの賀状は少ないが、それでもこの個性溢れるそれぞれの顏が見える賀状達。時代に逆行しても、消してはいけない手書きの文化だ。