• アーカイブ
  • カレンダー
    1月 2020
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    ブログカテゴリ
    過去の記事

ひえんブログ

Home » ひえんブログ

教室は今

2016年08月12日

連続で錬成会!!
12月は8日、16日、そして23日とこれでもか!という程の連日錬成。
展覧会や検定試験があるためとはいえ、私も生身、少々お疲れです。
ただ、錬成会といっても年末の一日のんびりしたものです。16日はお昼休み
に陶芸のベテラン、社中の松村・宮本さんが先生となりまして、来年の干支の
蛇作りに挑戦。みんな粘土をこねるのに夢中となったひとときでした。

026

初めは説明を聞く?
いいえ、聞いてなんかいませんね。
どんどん自己流でこねる。

027

この細い棒状のものを作るのが
意外と難しかったです。

028

出来上がった棒をぐにゃぐにゃ
とすればなんとなく蛇?

029

できた、できた蛇の置物
いえ、筆置きのつもりです

030

そっとケースで乾燥させるそうです
一緒に先生のところの窯で焼いて
もらうことになりました
さて、何匹無事に出てくることか?

今年最後はお楽しみ会
17日~20日は子供たちに印を彫ってもらうことにしました。
原稿は前週、辞書などを調べてどんな文字にするかすでに
できているので、当日は彫だけです。
もちろん子供が彫るので本物の印刀は使わず、簡単にシャープペンシル
の先の金具のところでゴリゴリと彫るだけ。でも篆刻用とはいえ石なので
彫る作業はたいへん!
教室はいつになくシ~ン... 静寂のなかゴリゴリと石を彫る音だけが
響いていい感じです。
みんないつもこんな風にしーずかにお稽古したら上手になると思うんだけどな!
こちらの準備が結構手間がかかり5、6年していなかったけれど、こんなに
良い顔がみられるんだったら、またやりたいな!って思いましたよ。

031

初めて書道の辞書をひいて...

032

こう見えていつもはやんちゃです。
今日は一言もしゃべりません

033

正座は...
そこまでは注意もいかず
とにかく黙々と

034

その一部をご紹介
大きさは1.8㎝角
中学生は1.5㎝角です

035

みんな自分の名前の一文字を
画数の少ないものはいいけど
多いのは大変そうでしょ

036

さすが辞書を見ただけの
成果がありますね
真ん中は亜、右は希という文字


[この記事を読む]


小燕会・新年会

2016年08月12日

025

1月 18日(金)
しばらく、開催していなかった小燕会の新年の食事会を催した。
小松原幼稚園の母親の会からスタートした会だが、この頃はご近所さんも
お仲間に...
女性ばかりの中に黒一点!(前列左から2人目)
みんなで楽しんでやっています。比較的若い仲間なので私もここへ来ると
なんだか若返った気分になる。
若いエキスを毎週吸収しておりますよ


[この記事を読む]


条幅練習

2016年08月09日

7月23日~8月5日にかけて教室で練習しています。

020


021


022


023


024



[この記事を読む]


卒業の記念に!

2016年08月09日

3月 20日(木)

毎年この時季は小学6年生を送り出す。もっとも中学になってからも続けて
頑張ってくれる子供もいるが、とりあえずひと区切だ。辞めたい時もあったと思うが
みんなよく頑張ったよ!
教室では色紙に思い思いの文字を書いて記念としてもらっています。

014

015

書きあがった色紙には印を押します。これは自分で彫ったものです。
可愛いトロフィーも記念にちょこっと誇らしげ!

016

017

018

019

みんな良い顔してますよね、先生としては中学でも頑張ってほしいところだけど、現代の
子供はみんな結構忙しい...何人残ってくれるかな?


[この記事を読む]


年賀状教室

2016年08月09日

008

説明も真剣に聴く

009

私も楽しく!

010

17名の参加で和気あいあい

011

消しゴム印は勿論「羊」

012

一枚は絵馬に貼って正月飾りに
します!

013

手本があったにも関わらず皆違い個性的でよかったぁ...

11月 3日(月)
今日は文化の日、休日ですが休んではいません。
教室の皆さんへ希望を募り久しぶりに年賀状教室をしました。
10年以上も前になりますが、市民対象の年賀状教室を5年間行いました。
玄游会の先生方の助けを借りて100名近く集めての楽しい年末の催しでしたが、
多忙になるにつれてできなくなって...

教室の生徒さん達なので、文字はそれぞれ書けるとして彩色、消しゴム印などの方法を
楽しく学びました。大人でも夢中になるとシーンと水を打ったようになる時間もあって
私は良かった!と大満足!


[この記事を読む]


社中錬成会

2016年08月09日

005

〆切間近の毎日書道展の作品
に取り組む結花さん

006

仮名は佳真さん

007

漢字の創作は美凪さん
4月 13日(月)
先週の土曜日・11日は社中錬成会。
毎月教室のみんなに勉強の場所を提供、思い思いに筆を走らせています。
やはり上手くなるためには一にも二にも書くこと...もちろんセンスも必要ですが、
それは後からついてきます。心も磨き腕も磨き、とにかく書く...

今はほとんどが、女性、高校生から60代まで!
男子も募集はしていますよ...


[この記事を読む]


今日の教室!

2016年08月09日

001

002

003

004

真剣なまなざしがいいです。


[この記事を読む]


嬉しい嫁入り!

2016年08月09日

031

032

033

034

035

3月 16日(月)
今日は2件作品を届けた。
「落々難合有志者事竟成る」
これは高校の同級生の渡邊祐二さんから依頼され揮毫させて頂いたもの。経営する会社の社屋に
掛けて頂いた。座右の銘とのこと。
志は世俗とは関係なく、自らが信じる強く広大なものであるべきでその志は容易に達成できるものでは
ないが、それを達成しようと思えば必ず成るという意味ですね。
大きな会社を束ねる人の強く硬い意志を感じます。

下の2点は宇部興産 中央病院に展示して頂きました。。
宇部玄游書展に出品したものです。縁あって展示の運びとなりました。
多くの皆様に見て頂く機会を得て感謝しています。


[この記事を読む]


地域とともに

2016年08月09日

030

10月 25日(土)
「地域とともに新たな未来を!」
山口県信用組合、山陽小野田他7支店の店内を飾るこのキャッチフレーズは
我が社中の安岳結花さんの書です。
社内でも活躍、玄游会でも理事としても頑張っている彼女は小学生の頃から
私の教室でコツコツと努力を重ねています。
ふだんの生活にこうして書が身近にあるっていいです。


[この記事を読む]


遼(大島珈琲店展示)

2016年08月09日

027

作品 「遼」
額サイズ 41×36センチ
大島珈琲店展示
12月15日(土)から

028

店内の展示風景
少し暗くなった夕方の静かな風景
にしっとりと似合っている

029

展示をさせてもらって一年半
店主の大島ご夫妻と記念写真
を撮りました

当初は一か月に一作と思っていましたが、なかなか難しいものでした。
一年間!と決めていたので12作目の今回で一応展示は終わります。
お客様でもわざわざ作品のある席に変わる方、新しい作品を入れると
変わったねと言われる方ありでなんだか見えないところで人とのつながりを
感じうれしい一年と半年でした。


[この記事を読む]


大島珈琲店展示

2016年08月09日

025

大島珈琲店展示作品
「虹」 (虹のようなアーチ形は甲骨文字で虹という字)
虹いろのおもいを届けます
作品サイズ 23×17.5センチ(内寸)
表装 下関・硯山 9月 1日より展示中
乙女の心になって空に虹色の橋をかけた気分で書きました。
彩色も遊び心で入れてみました。

026

店内の中庭の風景にあっているかなと思い
白いテーブルの上で写してみました。


[この記事を読む]


大島珈琲店・展示「DREAM」

2016年08月09日

001

002

7月 21日(土)
久しぶりに大島珈琲店へ作品を持ち込む。今回は洋風の...それになったかどうか
英字新聞の力を借りました。
額サイズ 30×40センチ (アクリル額で仕上げ・額装はいつもの下関硯山)
DREAM 夢に向って一歩ずつ 販売可


[この記事を読む]


大島珈琲店展示・無一物

2016年08月02日

022

5月 28日(月) 26日土曜日に前作と入れ替えました。
今回は「無一物」 禅語ですべてを捨て一切の執着から解放された悟りの境地の意味 今回は本紙、マットの紙とも手漉きの和紙を使用しています。
古い言葉ながら近代的に仕上げてみました。
6月下旬まで展示予定 表装 硯山 販売可


[この記事を読む]


大島珈琲店展示 「龍」

2016年08月01日

020021

今年の干支、龍。
自分の干支であるし、字形そのものが色々楽しいのですきな文字のひとつ今回の作品は甲骨文字。
表装はいつもの硯山に依頼、龍のイメージは水なのか?とっても派手でがっちりした表装になっている。
紹介が遅れたが、26日には新しい作品と入れ替え予定。
美味しい珈琲と共に鑑賞してほしいです。


[この記事を読む]


書の依頼書の依頼
宇部市で書道教室(習字教室)は書家 池田知穂主催のひえん書院 山口県
所在地 山口県宇部市川上33-37
TEL.090-1182-6851
受付時間:8:00〜17:00(月〜土)
Copyright2020 © 飛䴏書院 All Rights Reserved.